オンライン英会話

おすすめのビジネス向けオンライン英会話

更新日:

「急に海外の業者と仕事をすることになった」「海外出張に行くことになりそう」「英語を使った業務に従事したい」など、様々な理由から英会話を勉強する必要に迫られる社会人は多いものです。

ダイバーシティの観点から外国人社員を雇う企業も増えてきているため、外国人の同僚と英語でコミュニケーションを取れたら便利だと感じている人も多いのではないでしょうか。

このページでは、様々なビジネスシーンで活用できる英会話力を身に付けるためにおすすめのオンライン英会話について紹介していきます。

どんなオンライン英会話がビジネスに向いている?

英会話をビジネスで使用すると目的がはっきりしているなら、当然ビジネス向けのオンライン英会話を選ぶのが良いのですが、どういうオンライン英会話がビジネスに向いていると言えるのでしょうか。

ビジネスに使う語彙やフレーズを覚えることができる

日常英会話では「趣味の説明」や「おいしい食べ物を勧める」など日常的なテーマが多く、外国人の友人を作る場合などには大変汎用性が高いのですが、ビジネスでそういう会話を行うシーンは多くありません。

ビジネスではむしろ「外国人と電話でアポイントの調整をする」「会議で発言する」「英語で面接を受ける」というようなシーンの方が出現率が高く、当然必要な語彙やフレーズも変わってきます。

仕事で英会話が必要な場合、ゆっくりと日常英会話から学ぶよりは、必要な部分をサッと学んで即戦力になりたいというニーズの方が多いと思います。そのため、仕事に関連した語彙やフレーズを学ぶことができるオンライン英会話を選んだ方が良いでしょう。

ビジネスのシチュエーションでの英会話を練習することができる

前述の通り、ビジネスのシチュエーションは日常英会話を使うシチュエーションとは異なっています。友達に話しかけるような会話をするよりは、適切な語彙を使い、敬語を交えた丁寧な表現で会話をしたいものですよね。

オンライン英会話にビジネス英会話のコースがあれば、それを選ぶと教材にもそういうシチュエーションが用意されていることが多く、実践的な練習を積むことができるのでおすすめです。

英会話を実践するには「慣れ」も必要なので、より実態に近いシチュエーションでの学習をすることができるというのは一つのメリットになります。

講師にビジネス経験がある

オンライン英会話には様々なバックグラウンドを持つ講師がいます。30~40代くらいの講師もいますが、有名大学の大学生が講師をやっているようなパターンも多いのです。

当然、厳しい審査を通過した上で講師をやっているのでクオリティを心配する必要はないのですが、やはりビジネス経験があった方がロールプレイなどをする時により実態に近いものを行うことができますよね。

仕事では、実際に英語で話さなければいけない相手も大人であることが多いと思います。そういう意味でも、ビジネス経験のある大人を相手に練習できた方が学べるものは多いかもしれません。

日常英会話のコースでもビジネス英会話は学べる?

ただ、英会話の目的がビジネスだけではないという人もいるでしょう。「もちろんビジネス英語も学びたいが、日常英会話も学びたい」という人も多いかと思います。

そういう人はビジネス英語のコースを受けた後に、日常英会話のコースを受けるという手順を踏む必要があるのでしょうか?

日常英会話のコースで学ぶ英会話も役に立つ

当然のことながら、会話は「意思疎通ができる」ということが一番大事です。基本的な英会話力をまず身に付けることはビジネス英会話を習得する上でも大切な一つのステップですし、そもそも英会話初心者の場合は簡単な意思疎通から学んでいかなければならないでしょう。

つまり、一定のレベルまでは日常英会話のコースで学ぶ内容も大いに役に立ちます。逆に、基本的な英会話ができるようになってしまえば、ビジネス英語の語彙やフレーズを学ぶだけでしっかり実践で活用できるビジネス英会話ができるようになるのです。

もちろん実践的な内容を学ぼうと思ったらビジネス英会話コースが優れているのですが、特に初心者の方は、ビジネス用途の英会話を学ぶ場合であっても、日常英会話のコースから始めてみても良いかと思います。

仕事内容によってはビジネス英会話コースが向いていない場合もある

ビジネス向け英会話というのは、いわゆるホワイトカラー的なビジネスを想定していることが多いため、「会議」「電話でのアポイントメント」などの項目を学ぶことが多くなっています。

しかしながら、業種や職種によっては、そうしたシチュエーションとはあまり関わりがないという場合もありますよね。例えばホテル勤務の人は、どちらかと言うとチェックイン・チェックアウトや予約対応、宿泊客からのクレーム対応などで英語を使う可能性の方が高いでしょう。

そうした業種や職種で実践的な英語を学ぼうと思ったら、フリートークで講師にロールプレイをお願いする方法などが効果的です。その場合、必ずしもビジネス英会話コースを受講する必要はありませんね。

おすすめのビジネス向けオンライン英会話

ビジネス英会話を学ぶのにおすすめのオンライン英会話をいくつか紹介します。

Bizmates(ビズメイツ)

ビジネス特化型のオンライン英会話で、講師はビジネス経験者のみという徹底ぶりです。レッスンにも種類があり、レベルに合わせた「Bizmates Program」、Eメールライティングなど特定スキルを集中的に学べる「Other Programs」、実際のビジネスを英語面でサポートするようなレッスンを行ってくれる「Assist Lesson」の中から毎回一つを選ぶことができます。

料金が毎日25分プランで月額12,000円(税込)とやや高めですが、その分ビジネスに特化して充実したサポートとレッスンを受けることができるので、ビジネス目的にフォーカスして学習したい人にはうってつけのサービスです。

また、現在キャンペーン中のため初月は50%OFFとなっています。

レッスン料金:1レッスン387円
レッスン回数:毎日1回25分
体験レッスン:25分×1回の体験レッスン可能
公式サイト:Bizmates

産経オンライン英会話

産経オンライン英会話では、初級~中上級の4レベルに分かれたビジネス英会話のレッスンに加え、小売店やレストランなど、職業別の英会話レッスンを受けることができます。ご自身の職業に似たものがある人は、より仕事に直結した英会話のレッスンができるので、大変おすすめです。

また、毎日25分のレッスンを受けられるプランと同じ価格で、週末毎日50分プランというものを選ぶことができます。平日は仕事が忙しいという人でも、金土日だけがっつりレッスンを受けることができますので、平日分のレッスンを無駄にしてしまうということがありません。

カリキュラムテキストはHPで確認することができますので、ご自身のビジネスと重なる部分が多いか一度確認してみると良いでしょう。

レッスン料金:1レッスン193円
レッスン回数:毎日1回25分
体験レッスン:25分×2回の体験レッスン可能
公式サイト:産経オンライン英会話

なお、産経オンライン英会話は下記記事にて体験レポートを公開しています。

産経オンライン英会話の体験レポート

産経オンライン英会話では、25分の体験レッスンを無料で2回受けることができます。実際にレッスンの体験を行いましたので、その内容や流れについてまとめていこうと思います。 このオンライン英会話を体験をしよ ...

続きを見る

ビズイングリッシュ

ビズイングリッシュは、「オンラインパーソナル英会話」というサービスです。他のオンライン英会話とは少し違い、「平日毎日50分のレッスン」を「毎回決められた時間に」行います。レッスンの自由度を下げ、強制力を持たせることで、毎日英語の学習を続けられるようにしているのです。

3ヶ月間同じ講師が専属で担当してくれるという点も、パーソナルならでは。そのコミット力で、「3ヶ月で英語をマスターできる」というサービスになっています。

3ヶ月まとめて249,000円と、他オンライン英会話と比べると費用はかかりますが、英会話のパーソナルトレーニングサービスとしては決して高くはない金額です。全額返金保証の制度もありますので、本気で英語を学びたい人は試してみても良いのではないでしょうか。

レッスン料金:3ヶ月間249,000円
レッスン回数:毎日1回50分(平日のみ)
体験レッスン:オンライン無料カウンセリングが可能
公式サイト:ビズイングリッシュ

まとめ

ビジネス向けのオンライン英会話では、会議やアポイントメント、就職面接などで活用できる英語の語彙やフレーズを身に付けることができるため、仕事で英語を使う人には非常に向いている英会話勉強法です。

一口にビジネス英会話と言っても、講師のバックグラウンドや選べるコースなど、オンライン英会話毎に特長は異なっていますので、いくつか比較して選んでみることが大切です。

より実践で活用できる英語を身に付けるためには、自分の業務に近い内容を学習できるオンライン英会話を選ぶと良いでしょう。

-オンライン英会話

Copyright© Speakee , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.