オンライン英会話 体験レポート

イングリッシュベルの体験レポート

更新日:

オンライン英会話の一つ「イングリッシュベル」の無料体験レッスンを受講したので、内容や感想をまとめました。

イングリッシュベルでのレッスン受講を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

イングリッシュベルの特徴

イングリッシュベルは、「メソッドを活用したレッスン」が特徴的なオンライン英会話です。主な特徴は下記です。

カランメソッド

話す量が4倍になって、それだけ英会話の上達スピードも早いと言われているカランメソッドのレッスンをイングリッシュベルでは受けることができます。

カランメソッドのレッスンを受けることができるオンライン英会話は限られているので、それだけで他の多くのオンライン英会話との差別化ができていますね。

スピーキングを重点的に鍛えたい人には特におすすめのレッスンです。

カランメソッドの詳細と、対応している主なオンライン英会話については、下記の記事にまとめているので、興味がある人は併せて確認してみてください。

アルファベット
4倍速で英会話が身に付くカランメソッドとは?詳しい内容を解説!

英会話学習法の一つとして時々その名を聞くことのある「カランメソッド」。どんなものかよく分からずに敬遠してしまっている人も少なくないのではないでしょうか。 実はカランメソッドは、通常の4倍のスピードで学 ...

続きを見る

DMEメソッド

イングリッシュベルには、現代版カランメソッドとも呼ばれる「DMEメソッド」のレッスンも用意されています。

DMEメソッドのレッスンが受けられるオンライン英会話は、カランメソッドを受けられるオンライン英会話よりも少ないので、DMEに興味がある人はほぼ必然的にイングリッシュベルが候補となるでしょう。

DMEメソッドとは?

DMEとはDirect Method for Englishの略で、カランメソッド同様にダイレクトメソッド(直接教授法)という手法を使ったカリキュラムの一つです。

カランメソッドを教えてきた講師たちが開発したこのメソッドは、スピーキングを重視するカランメソッドに比べて、文法面も強化できる内容が含まれていることが特徴の一つです。カランよりも総合力が付きやすいメソッドだと言えます。

また、カランメソッドでは先生から生徒へ質問を行い、生徒はそれに答えるというレッスンスタイルが一般的ですが、DMEメソッドでは生徒から先生への質問なども行い、より実践的なコミュニケーションの練習が行えるように設計されています。

DMEメソッドのレッスン風景については、下記動画を観てみてください。

 

整備されたレッスン環境

オンライン英会話だと、基本的に海外にいる先生とレッスンを行うため、回線状態が悪くて先生の声が上手く聞き取れなかったりすることがたまにあります。

特に先生の自宅からSkypeで行っているタイプのオンライン英会話は、人によって回線状態が異なっていることがありました。

そこでイングリッシュベルでは、レッスンをオフィスから提供することで、安定した回線を実現しています。それだけでなく、最新機材を揃えたり、インターネット回線プロバイダ2社と契約するなど、安定性を確保するために様々な手を打っています。

オンラインだからこそ、安定した通信状態でレッスンを受けられることは重要ですよね。

無料トライアルレッスンの内容

実際に無料体験レッスンを行ったので、内容や流れなどを詳しく書いていきます。

実際にレッスンで行った内容

イングリッシュベルでは2回の体験レッスンを行うことが可能で、1回目はレベルテスト、2回目は通常のレッスンという流れで進んでいきます。

1回目:レベルテスト

最初に講師の質問にいくつか答えた後、まるでTOEICのリスニングパートのようなテストが行われました。4問の質問と選択肢を講師が口頭で読み上げ、それに対する回答をチャットボックスに入力するというもので、他のオンライン英会話では見られないテスト内容に少し驚きました。

その後、講師からチャットボックスで送られたURLのページに記載されている画像から1つを選び、画像に写っているものを描写するというテストもありました。単純に描写して終わりではなく、こちらの描写に対して講師から質問もされるので、それに対しても返答をしていくことになります。

今回は、「(写真に写っている人たちの)人種は何だと思う?」や、こちらが「レストランかカフェに人がいます」みたいな描写をしたことに対して、「ここはレストランとカフェどちらだと思う?」みたいなことが聞かれました。

最後に、「好きな料理は何?」のようなフリートークみたいな会話をする中で、講師からの質問にいくつか答えたところで終了となりました。

そしてレベルテスト終了後、15分くらいで結果がメールで送られてきました。「SPEAKING」「LISTENING」「GRAMMAR」の3技能それぞれについて「応答力」や「一貫性」などさらに細分化された項目が10段階で評価され、Pre BeginnerからUpper Advancedまでの9段階で総合評価が決定されます。

日常英会話クラスのおすすめレベルと、その他のおすすめのクラスも結果シートに記載されていたので、レッスン選びの参考になりました。

ちなみに今回のレベルテストの総合評価は、ちょうど真ん中の評価であるIntermediateでした。

2回目:レッスン

2回目は、日常英会話のクラスを受講しました。レッスンが始まると「トピックを選んでほしい」と言われたので、レベルテストの結果でおすすめされていたレベル3のトピックから一つを選んで、レッスンをスタートしました。

最初にテキスト上部にある絵を描写するよう求められ、それが終わると会話のロールプレイを行います。2人の人間が話している短い会話を、役割を入れ替えながらロールプレイして、分からない表現などがあれば詳しく聞きます。

その後、レッスンで学ぶ表現をまとめて学び、その表現を使った文章を考えてくださいと言われました。これが意外と難しくて、表現のニュアンスをしっかり理解していないと正しい文章が作れなくて苦戦しましたが、間違っていた場合は正しいニュアンスを講師が教えてくれました。

そして最後に学んだ表現を使った穴埋めみたいな学習を行い、その内容について講師からいくつか質問を受けて25分間のレッスン終了となりました。

日常英会話のテキストはオンライン上にあるので、教材の購入をせずにレッスンを受けることができます。

レッスンの感想

1回目のレベルテストの講師は非常に落ち着いていつつもフレンドリーで、よく笑う人でした。また、発音に訛りを感じず、聞き取りやすいスピードで話してくれて非常に印象が良かったです。

2回目の講師も訛りのない綺麗な発音で、リンキング(リエゾン)も交えたプロレベルの発音でした。スピードは決してゆっくりではないのに聞き取りやすく、説明も分かりやすかったです。

カランメソッドやDMEメソッドも行っているオンライン英会話なだけあって、2回とも講師自身の能力の高さを感じられたのがさすがだと感じました。

また、ネット回線については、通話開始直後に多少ラグや乱れがありましたが、その後はほとんど気にすることなくスムーズなやり取りができるほど安定していたので、特に問題ないかと思います。

無料トライアルレッスンの受け方

イングリッシュベルに興味を持った方のために、無料トライアルレッスンの受講方法を解説していきます。

無料体験レッスンへの申し込み

トップページ右上にある「→無料体験レッスン」のボタンを押して進みましょう。


 

名前やメールアドレス、Skype名などを入力する画面になりますので、間違えないように入力してください。

なお、Skype名の確認方法については下記の記事で解説しています。

Skype(スカイプ)の導入方法と使い方

オンライン英会話は離れたところにいる講師と受講生がオンライン上でレッスンを行うものなので、それを中継するためのツールが必要になります。 そして、多くのオンライン英会話では、Skype(スカイプ)をレッ ...

続きを見る


 

入力が完了したら、「利用規約に同意する」にチェックを入れて「会員登録」ボタンを押します。


 

こちらの画面が出たら、メールボックスを開いてイングリッシュベルからのメールが来ているか確認しましょう。


 

登録したメールアドレスに届く「イングリッシュベル無料お試しレッスン申し込み」という件名のメールを開くと、ログインパスワードが記載されています。


 

記載されていた「ご登録メールアドレス」「ログインパスワード」を使用して、イングリッシュベルのマイページへログインします。

マイページへログインできたら、無料トライアルレッスンの予約を行うことができるようになります。

レッスンの予約

マイページの画面にある「レッスン予約」のタブをクリックすると、日時や対応クラスで講師検索を行うことができる画面に遷移しますので、こちらで条件に合う講師を探し、空いている時間に予約をしましょう。

予約が完了したら、予定時間までにはSkype等の用意を済ませ、講師からのコールを待つようにしておいてください。

まとめ

カランメソッドやDMEメソッドといったメソッドティーチングの豊富さが特長のイングリッシュベルですが、そのメソッドティーチングを行えるように訓練を積んだ講師のレベルは高く、メソッドを使わないレッスンでもその能力の高さを感じることができます。

また、レベルチェックもかなり丁寧で、技能ごとにレベルを測ってくれるので、現在地が明確になり、「スピーキングが低いのでここを伸ばそう」など、レッスンの目標も立てやすいです。

メソッドを使った学習に興味がある人や、講師の質を重視したい人には、イングリッシュベルは非常に合っているオンライン英会話だと言えるので、ぜひ検討してみてください。

 

-オンライン英会話, 体験レポート

Copyright© Speakee , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.