英会話の学習・勉強

英会話のために英文法を勉強する必要はある?

投稿日:

learning

「英会話をマスターするために文法は必要ない」「英文法はそれほど重要ではない」

英語学習についてそんな風に言っている人もいるようです。実際にそういったことを言う人に出会ったことがあるかもしれませんね。

しかし本当に英会話を話すために、英文法を勉強しなくてもいいのでしょうか。今回は、英会話習得における英文法の必要性についてまとめてみました。特に英文法を勉強したくないと考えている人は、参考にしてみてください。

英会話にも英文法は必要!

まず結論から言うと、英語で自然な会話ができるようになるためには、英文法の勉強はある程度必要になります。

私たちが日本語を学ぶとき、日本語の文法から学ぶようなことはありません。ですが私たちは日本語をペラペラと話すことができますよね。ですから、英語だって文法を勉強する必要はないと考える人もいるでしょう。

しかし日本語を学んだプロセスの場合、他の言語についての情報はない真っさらな状態から習得しています。そのため言語に対する先入観はありませんし、スッと文法ルールが自然に入ってきやすいのですね。

さらに、小学校に入れば国語の授業があります。国語の授業では、正しい日本語に触れることになるので、自然と日本語の文法ルールを吸収することができます。また授業内では、日本語の文法の解説もあったはずです。

一方、ここを読んでいるほとんどの人は、ある程度大きくなってから英語を始めているはずです。そういった場合、言語の文法ルールは日本語で固めているため、日本語とは異なる文法ルールである英語については、なかなか自然と吸収しづらくなるのです。

確かに文法を学ばずに英会話を習得している人もいるでしょう。しかしよくよく聞いてみると間違いが多くて理解しづらい英語になっていたり、簡単な単語を並べてコミュニケーションをはかっていたりします。

それでは英会話ができているとは言いづらいですよね。

稀に言語センスが高くて、まるで子供がそうするように言語を習得できてしまう人もいるのは確かです。ですが、ほとんどの人は基本的な文法の勉強は必要だと心得ておきましょう。

英語を話すためにはどの程度文法を勉強するべきか?

考え中

それでは、自然な英語で外国人とコミュニケーションが取れるようになるには、どの程度文法の勉強をすればいいのでしょうか。

「英文法」に苦手意識があると、「文法を勉強しなければならないなんて・・・」と英語自体にまで苦手意識を持ってしまうかもしれません。

個人的な見解ですが、英文法のすべてを理解していなくても、英会話を自然にこなすことはできます。日本語でもおそらくほとんどの人が、文法のすべてを把握しているわけではありませんよね。

日常会話やビジネスで使う英語は、実はそんなに難しい文法を使っているわけではありません。難易度で言えば中学3年生まで、英検で言えば3級までの文法ができていれば、日常会話の広範囲がカバーできます。

もっと表現力の幅を広げたいなら、高校卒業レベルの英文法、英検なら2級までの文法がわかっていれば完璧ですね。

「主語+have+過去分詞」で表す現在完了や、「主語+be動詞+過去分詞」で表す受動態(受け身形)などは必須の知識となるでしょう。

現在完了例:I have been to London.(私はロンドンに行ったことがあります。)

受動態例:It was written by Mr. Yamada.(それは山田さんに書かれました。)

そして“can”や”may”, “will”に代表される助動詞は、すべて使えるようになっておくべきです。

助動詞Can例:I can speak English.(私は英語を話せます。)

助動詞Will例:I will buy an umbrella.(私は傘を買います。)

ここで使った例だけでも、これらの文法が使いこなせないと表現が狭くなってしまい、伝えたいことが伝わらないのはわかるでしょうか。

“I went to London.”(私はロンドンに行った)と”I have been to London.”は、どちらも過去のある時点にロンドンに行ったということを言っていますが、ニュアンスが全く違います。そのニュアンスの違いが、会話の流れを左右することだってあるのです。

日本の英語教育における英文法と英会話

教室

日本人はなかなか英語が話せるようにならないので、日本の英語教育に関してネガティブな見解をお持ちの人は非常に多いですよね。日本の英語教育では英語が身につかないと思っている人は多いでしょう。

しかしそのカリキュラムを見てみると、意外と英文法が覚えやすい順序で並べられています。確かに日本の英語教育だけでは、英会話ができるようにはならないでしょう。

ですが英文法に関しては、きちんと授業を聞いて理解ができていれば、非常に効率よく覚えられるようにカリキュラムが組まれています。

日本の英語教育では英語が話せないのは、単に英語を話す機会がそれほど与えられていないからです。授業でロールプレイをしたり、ディベート(討論)をしたりということを、日本の英語教育ではあまりしません。

そのため実践力がつかないのです。

ということは日本の英語教育をしっかり受けて、さらに学校の外でオンライン英会話や英会話スクールなどを使って実践する機会を増やせば、意外と簡単に英語が話せるようになります。

「日本の英語教育は良くない」といいますが、海外の非英語圏の国だって、学校外で英語に触れる環境ではないなら、英語が話せるようになる人はほとんどいないのが実情です。

というわけで、英文法を順序良く学びたいという人は、中学生の英語の教科書や参考書を使ってみてもいいかもしれません。

英文法が苦手な人のための英文法の学び方

勉強する人

英文法が苦手な人は「文法」という言葉に苦手意識があるのかもしれません。また頭で覚えるのが苦手だったり、英文法を覚えると考えながら話してしまってスムーズに話せなかったりする人もいるでしょう。

英文法を勉強することは確かに必要です。しかし、難しく考える必要はありません。

覚えたいと思った英文法が出てくる文章をいくつかピックアップして、丸覚えしてみるだけです。

現在完了で例をあげてみましょう。

- I have met Maria.(マリアに会ったことがあります。)

- I have eaten Sushi before.(寿司を食べたことがあります。)

- I have finished my homework.(宿題をもう終えています。)

こういった文章を、自分が使いそうなものを中心にいくつかピックアップしてみてください。英文法の本があれば、例文がたくさん載っているのでおすすめです。

これをそのまま何度も口にするだけです。オンライン英会話などでレッスンをとっているなら、そのレッスンの中で繰り返すのもいいですね。

オンライン英会話の中には、教材がしっかりしていて文法の項目ごとにセクションがわかれている教材あるので、それを使ったレッスンをすれば、何度も繰り返させてくれるでしょう。

※オンライン英会話については、以下のページにより詳しい説明を載せています。

オンライン英会話をする人
オンライン英会話比較

海外旅行に企業のグローバル化、海外出張など、日本に住んでいても英語が必要になってくるシーンは増えてきています。 義務教育だけでは英語を話せるようにならないと言われている日本人が、英語を話す必要に迫られ ...

続きを見る

まとめ

さてどうでしょうか。「文法の勉強」と言っても、オンライン英会話や英会話スクールでのレッスンと何も変わらないですよね。

オンライン英会話や英会話スクールでの一般的なレッスンで使う教材は、ある文法を使いこなせるようになるために、トレーニングするように出来ています。

つまり英会話のレッスンは、実は英文法のレッスンでもあったのです。

ですから「英会話に文法はいらない」という言葉に惑わされることなく、英語の文章のルールをどんどんマスターして表現力をアップしていきましょう。

-英会話の学習・勉強

Copyright© Speakee , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.