英会話の学習・勉強

ユーザー数340万人の語学Q&Aアプリ「HiNative」が6.5億円の調達で話題に!気になるサービスの内容は?

投稿日:

HiNativeトップ画像

語学に関する質問をネイティブスピーカーに聞くことができるQ&Aアプリの「HiNative」が話題になっています。

今回話題になっているのは、運営会社であるLang-8が合計6.5億円の資金を調達したという内容です。

参考:語学学習のQ&Aアプリ「HiNative」が6.5億円調達、登録ユーザー数は1年強で3倍以上に

参考:ネイティブスピーカーQ&A「HiNative」が6.5億円調達、登録利用者数は2年で17倍の340万人に

Lang-8と言えば、登録している人がそれぞれの母語について文章添削を相互に行う同名の語学学習プラットフォームを運営している会社です。英語学習のために利用したことがあるという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、今回のニュースで初めてHiNativeを知った人のために、HiNativeならびに関連サービスのHiNative Trekについて詳しく紹介していきます。

英会話学習をしている人には便利なアプリ・サービスなので、この機会にぜひ利用してみてください。

HiNativeはどんなアプリ?

hinative

すごくざっくりと言ってしまうと、HiNativeは語学版のYahoo!知恵袋みたいなサービスです。

日本にいて参考書で勉強をしているだけだと、どうしても分からない部分があります。

「この表現とこの表現の違いは何?」「自分で頑張って辞書で訳したけど、自然な表現になっているか自信がない」など、ネイティブに確認してもらえたら嬉しい……というシーンは頻繁に訪れるでしょう。

そうした時に便利なのがこのHiNativeで、疑問に思った内容を質問することで、ネイティブから回答をもらうことができるのです。

身近に相談できるネイティブスピーカーがいない人でもネイティブに相談ができる、という点で非常に人気のサービスとなっていて、どんどん伸びたユーザー数は現在では約340万人にのぼっています。

相互で教え合うため無料で利用できる

このHiNativeの大きな強みの一つは、無料で利用できるという部分です。

HiNativeはあくまでもプラットフォームであり、実際に投稿された疑問に対して回答を行っているのは各言語のネイティブスピーカーです。HiNativeに登録している人は質問をするだけでなく、自分の母語に関する質問に答えることもできます。

登録者の一人ひとりが質問者だけでなく回答者としても活動することで、無料で教え合うことのできる環境が作られているのです。

初心者でも質問できるテンプレートがある

「質問できるとは言っても、どうやって質問したら良いのか分からなさそう……」と不安に思ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、HiNativeでは初心者の人でも質問ができるように「質問テンプレート」が用意されています。

テンプレートを活用することで初心者でも安心して質問ができるので、気後れしてしまって上手く使えなかったということがないのです。

もちろん何語で質問しても大丈夫なので、疑問に思ったことはどんどん質問してみましょう。お返しにこちらも日本語に関する質問に答えてあげることで、どんどんコミュニティが活発になっていきます。

音声アップロードにも対応している

語学の学習をしている人がネイティブに相談したいものの最たるものは、やはり発音ではないでしょうか。

HiNativeが優れている点は、音声もアップロードできるところです。自分の発音をアップロードして、ネイティブにチェックしてもらうことができるのです。

無料でネイティブに発音をチェックしてもらえる場所はそうそうありませんので、学習者にとってこれほど便利なサービスはないでしょう。

HiNativeは以下から登録が可能ですので、興味を持ったらぜひ利用してみてください。

≫HiNativeを利用してみる

英会話を身に付けたい人はHiNative Trekがおすすめ

HiNativeを運営しているLang-8が運営しているサービスに、「HiNative Trek」というものがあります。英会話の学習をしっかり行いたい人は、HiNativeに加えてこちらも利用することがおすすめです。

HiNativeが疑問を解消するためのプラットフォームである一方、HiNative Trekは実践的な英語を体系的に身に付けるためのサービスとなっています。

有名実業家のけんすうさんもHiNative Trekをやっていました。

HiNative Trekの学習の流れ

HiNative Trekは、日々の英語のアウトプットを習慣化することで実践的な英語力を伸ばしていくという英語学習サービスです。

HiNative Trekの学習の流れについては、下記動画が分かりやすいのでぜひご覧ください。

 

具体的な流れは以下の通りです。

  1. 1日1題の実践英語問題が届き、メールとpushで通知される
  2. 課題に英作文と音声で回答
  3. 回答後、模範解答を確認
  4. 講師からの個別フィードバックが届く
  5. 回答に対する不明点を講師に質問

まずアウトプットを行い、「ここはどう表現するんだろう?」という疑問を生じさせた上でフィードバックをもらうことで、学んだ内容を記憶に定着しやすくしているのが特徴です。

これまで別の学習法が上手く続かなかったという人は、疑問を生じさせないままインプットを行うだけの学習をしていたのかもしれません。

そうした人にしっかり力を付けてもらうために構成された学習を、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

≫HiNative Trekでアウトプットする

HiNative Trekのメリット

他の英語学習サービスと比べたHiNative Trekのメリットは以下の通りです。

アメリカ人講師の指導を受けられる

オンライン英会話などでは講師のほとんどがフィリピン人であることも多く、アメリカ人とのレッスンはあまり受けられません。また、ネイティブ講師とのレッスンをしようとすると、追加料金がかかるというところも多いです。

その点、HiNative Trekなら必ずアメリカ人講師による添削が行われます。講師の国籍にこだわりたい、アメリカ人講師の発音で回答が欲しいという人にはピッタリのサービスとなっているのです。

有名同時通訳者の関谷さんが教材を監修

HiNative Trekでは、英語職の最高峰とも言える同時通訳者の中でも有名な関谷英里子さんが教材の監修を行っています。

関谷さんと言えばアル・ゴア元米副大統領やフェイスブックCEOのマークザッカーバーグ氏の同時通訳を務めていることで有名ですね。


第一線で活躍する同時通訳者が監修しているからこそ、本当に実践に使える英語が学習できるのです。

課題は、例えば下記のようなものです。

問:この文章を英訳し、かつ、この質問に答えましょう。
製品カタログと価格表はございますか?

問:次のクライアントの注文内容を日本語でまとめましょう。
I'd like to place an order for desktop computers, 15 of the SuperStack Professionals and 5 of the SuperStack Ultras. In addition, I would like to add 20 of your 27-inch LED displays as well.

実際の仕事現場で使用しそうな英語にフォーカスしていることが分かるかと思います。HiNative Trekが仕事で英会話が必要な人に非常におすすめな理由がここにあるのです。

スマホで学習が完結し、予約も不要

英語アプリ

便利な英語学習サービスであるオンライン英会話には、基本的に予約をしなければいけないというデメリットがあります(予約が不要なのはネイティブキャンプくらい)。

そういうサービスでは、予約時間にならないと学習が進められないなどやや不便な点があるのです。

しかし、HiNative Trekは学習をするにあたって予約が必要なく、非同期で先生との会話もできるため、隙間時間を上手く使って学習を進めることができます。これは多忙なビジネスパーソンには非常に便利な点ではないでしょうか。

電車の通勤中にSkype英会話のレッスンを受けることは難しくても、HiNative Trekの課題をこなすことはできるでしょう。

まとまった時間が取りづらく、隙間時間で学習を進めたいという人にHiNative Trekは非常におすすめなのです。

データが残るので復習しやすい

HiNative Trekは学習したデータがそのまま残るので、後から復習したい時に簡単に見直すことができます。

その場で学習して終わり、ではなく継続的な学習のための知識のストックをしていくことができるので、一度学んだ内容をしっかりと身に付けていくことができます。

IT専用コースがある

HiNative TrekにはビジネスコースとITコースが用意されています。

IT業界やスタートアップで働く人は、ITコースを選ぶことでより実践で使える内容を学習していくことができるでしょう。

特定業界にフォーカスした教材がある英語学習サービスはなかなかありませんので、IT・スタートアップ業界の人はぜひHiNative Trekを活用しましょう。

≫スマホ完結学習のHiNative Trekはこちら

Q&A

HiNative Trekに関するよくある質問に回答します。

HiNative Trekの料金は?

HiNative Trekは月額9,800円です。1日あたり約400円と、スターバックスのドリンクくらいの料金で質の高い学習を行うことができます。

年額プラン(98,000円)だとひと月当たり8,167円となり、年間で2ヶ月分ほどの料金がお得になります。

オンライン英会話でネイティブと学習できるプランを選択すると同じかそれ以上くらいの金額になりますので、オンライン英会話で上手く学習が続かなかった人はこちらに切り替えてみても良いでしょう。

毎日課題をこなせる自信がなくても大丈夫?

HiNative Trekでは毎日課題が届きますが、その日のうちに回答ができなくても30日以内なら提出可能です。

たまに忙しくて課題ができなくても、時間が取れる週末などにまとめて学習を行うことができるので、自分の都合に合わせやすいという点は大きなメリットですね。

≫コーヒー一杯の料金でHiNative Trekを始める

まとめ

6.5億円の資金調達で話題となったLang-8ですが、人気を博しているサービスの内容を確認すると、それだけの資金が調達できるのもうなずけます。

HiNativeのアプリは無料でネイティブに質問ができるので、日頃の学習と併せて利用することで行き詰ってしまうことを防げるでしょう。

Lang-8の高品質な学習サービスを使いたい、あるいはオンライン英会話でつまづいてしまった人などは、HiNative Trekで今までとは違った英語学習を試してみてはいかがでしょうか。

-英会話の学習・勉強

Copyright© Speakee , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.