英会話の学習・勉強

How are youにはなんて答えればいい?訊き方・答え方のフレーズ集

投稿日:

Hi, how are you?

“How are you?”と訊かれたら、”I’m fine, thank you. And you?”と返している人は多いのではないでしょうか。

実はネイティブはこんな答え方をしません。もっと言うと、”How are you?”以外にもたくさんの表現を使っています。

自然な答え方をするためには、”How are you?”の訊き方と答え方もさまざまなバリエーションを知っておいた方がいいでしょう。今回は”How are you?”という挨拶について、さまざまな訊き方・答え方をご紹介します。

“How are you?” “I’m fine, thank you. And you”の謎

冒頭で出てきた、この会話。

How are you?
I’m fine, thank you. And you?

英語と言えばこれと言うくらい、誰もが聞き馴染みがある受け答えでしょう。なぜ日本人のみなさんが、この受け答えに馴染みがあり、これを正しいと思っているのかというと、中学校の英語の教科書で割と最初の方に出てくる会話文だからでしょう。

しかし冒頭でも触れているとおり、ネイティブが”How are you?”と訊かれたとき、こんな答え方はしません。

まずこの”fine”という単語ですが、多くの日本人は「元気」という意味だと思っているでしょう。しかし”fine”には「元気」というイメージはありません。「元気」というよりも「大丈夫」「問題ない」という感じでしょうか。

言い方によっては投げやりな印象を相手に与えてしまうかもしれない単語でもあります。

”How are you?”と訊かれた場合、もっとも無難な返事は”I’m good.”でしょう。しかし答え方にはもっともっとバリエーションがあります。

“How are you?”は実は割とかしこまったフレーズ!

握手

もう1つ意外かもしれない事実をお知らせします。

それは”How are you?”という訊き方は若干かしこまったフレーズだということです。

と言っても、ビジネスシーンでしか使えないほど堅いフレーズでもありません。しかし、とても仲良しの友達相手だとあまり使わないかもしれません。

“How are you?”は印象としては、カジュアルとフォーマルの中間といった感じで、ビジネスの場ならこれまでに会って会話をしたことがある相手、お店での接客時に使えます。それ以外の場で使うなら、顔見知り程度の人や、まだ知り合ってあまり時間が経っていない知人になら、”How are you?”を使うでしょう。

この辺りは地域差も少々あるので、日本人が使う場合には誰に使っても問題ありません。ただし、仲良くなるともっと他の訊かれ方をしますし、たくさんのバリエーションがあるということを覚えておきましょう。 

自然な”How are you?”のやりとりをみてみよう

では”How are you?”を使ったやりとりは、実際にどのように行われているのでしょうか。シーン別にみてみましょう。

ここでは解説はせずに、会話文と訳のみ記載します。

顔見知り・接客応対・ビジネスシーンで挨拶として使う場合

Arai: Hello Mr. Britton. How are you?
(こんにちは、ブリトンさん。ご機嫌いかがですか?)

Britton: Very well, thank you. How about you?
(とてもいいです。ありがとう。あなたはどうですか?)

Arai: I’m good.
(元気です。)

友達・よく知っている相手に挨拶として使う場合

Chris: Hi Derek, how are you doing?
(やあ、デレク。調子はどう?)

Derek: Hey, I’m good. You?
(やあ、良い感じだよ。君は?)

Chris: Not bad. See you later!
(悪くないね。またあとでね!)

友達・よく知っている相手と会話を始めたい場合

Eri: Hi Fran, how’s it going?
(やあフラン。調子どう?)

Fran: Good good, you?
(いいよ、いいよ。君は?)

Eri: Well, actually I’m not doing very well.
(うーん、実はあんまり元気じゃないの。)

Fran: Why? What happened?
(なんで?何があったの?)

“How are you”は挨拶なのでポジティブな返事を!

ここまでの会話例で見てもわかるとおり、”how are you?”はただの挨拶で使います。すれ違いざまに言うこともあるくらいです。相手は本当にあなたの調子を知りたいわけではないので、無難なポジティブな答えを返すようにしてください。

ただし友達同士などで、今から会話をしてもいいような時、会話をしたい時は別です。その場合は、実際の自分の調子を答えましょう。

またオンライン英会話のレッスンの冒頭にも”how are you?”のやりとりはしますが、プライベートレッスンならそこから会話が広がりますから、今の自分の調子を答えても構いません。 

オンライン英会話に興味がある方は、以下のページも併せてご確認ください。

オンライン英会話をする人
オンライン英会話比較

海外旅行に企業のグローバル化、海外出張など、日本に住んでいても英語が必要になってくるシーンは増えてきています。 義務教育だけでは英語を話せるようにならないと言われている日本人が、英語を話す必要に迫られ ...

続きを見る

今日から使える”How are you?”より自然なフレーズ集

“How are you”のやりとりには、バリエーションがあります。基本的には挨拶のフレーズなので、簡単で無難なものを知っておけばいいのですがバリエーションが作れると、英会話の表現がアップしますね。

ここからはそれぞれのフレーズのバリエーションを、いくつかご紹介します。

“How are you?”のかわりに使えるフレーズ

- How are you doing?

- How is it going?

- How have you been?(久々に会う相手に使う)

- How have you been doing? (久々に会う相手に使う)

- What’s up?

- Are you alright?(イギリス英語)

このフレーズは全てくだけたカジュアルな表現です。特に”What’s up?”は非常にくだけているので、使い所に注意しましょう。

ちなみに、”What’s up?”のみ、答え方は”Nothing much.” “Not much.” です。もしくは”What’s up?”とオウム返しをします。

“Are you alright?”はイギリス英語ですが、普通に”Yes, you?”と返せば大丈夫です。

“I’m fine.”のかわりに使えるフレーズ

ポジティブな答え方

- I’m good.

- Not bad.
- I’m very well.

- I’m doing well.

- I’m excellent.(かなり良いとき)

- Couldn’t be better.(これ以上ないほど良いとき)

ややネガティブな答え方

- I’m ok.

- I’m tired.

- I’m sleepy.

- So so.

I’m okやso soは、実はネガティブ寄りな答え方だということを覚えておきましょう。単に挨拶として”how are you?”を訊かれた場合は、ネガティブな答え方はしないようにしてください。

“And you”より自然なフレーズ

- How about you?

- You?

- Yourself?

How about you?はフォーマルでも使えますが、その他はカジュアルなシーンで使うことをおすすめします。

挨拶のフレーズは以下の記事でも紹介しているので、併せて確認してみてください。

握手
これだけおさえておけば安心!英会話初心者向け:基本の挨拶フレーズ

たとえ英会話がままならなくても、とりあえず挨拶さえできればちょっと会話した気分にはなりますよね。また海外旅行や初めてのオンライン英会話、通学制スクールなどでも、英語での挨拶さえわかっていれば、なんとか ...

続きを見る

まとめ

まだまだ”how are you?”とその答え方にはバリエーションがあるのですが、まずはこのくらい知っておくと便利です。

いつもいつも同じ訊き方・答え方ではなく、色々使ってみると表現力もアップしますし、よりナチュラルな英語になるでしょう。

特に友達や何度も会ったことがあって打ち解けている相手には、さまざまな訊き方・答え方をして会話にテンポを持たせてみてくださいね。

-英会話の学習・勉強

Copyright© Speakee , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.